© Copyright 2014 NPO法人 結婚大学 All Rights Reserved.

結婚大学の5つの基本ポリシー。

「ご縁」の正体を知っていますか?

独身である理由を尋ねられたとき「ご縁に恵まれないから」と答える人がいます。「ご縁ですから仕方ないですね」を常套句にしている仲人すらいます。

結婚できない真の理由から目を逸らすためにも、仲人の責任回避にも、たいへん使い勝手の良い「ご縁」という言葉。

果たして、「ご縁」とは何でしょうか?

NPO法人結婚大学は、「ご縁の正体」を結婚相談会で明らかにし、結婚までの最短距離を提案しています。

結婚相談所は、モテない男女の「最後の砦」?

「35歳を過ぎても結婚できなかったら、結婚相談所に入ろう」「結婚相談所に登録するなんて格好悪い、情けない」と考えている人がいます。

彼らが決死の覚悟で結婚相談所に入会したとき、紹介されるお相手が「普通」であることに驚かれます。

結婚相談所は、結婚できない独身者の「最後の砦」ではなく、仕事が忙しい男性や日常に異性との出会いがない女性が、出会って、恋をして、結婚する場所なのです。

価値ある情報は、有料。

誰でも簡単に「無料」で情報が手に入るからこそ、「有料」の情報には対価に見合う付加価値が求められるようになりました。結婚相手と出会う場も、例外ではありません。合コンや街コンには出会いの質よりも「無料」「手軽」に価値を見いだす人が集まり、上質な出会いを求める人は「安全」「安心」を求めて結婚相談所を訪れます。

私たちは、ご入会時に男女同額のお世話料をいただき、責任を持って結婚相手探しをサポートする「有料」の結婚相談所です。

婚活セミナーは、現実を直視したくない人の気休め。

「結婚したい」にもかかわらず、ひたすら婚活セミナーに参加し、会話や作法、服装のレッスンに明け暮れることで、婚活をがんばっている「気分」に浸る人がいます。

婚活は水泳のようなもの。机上で泳ぎ方を教わり、床の上でフォーム確認を繰り返しても、一向に上達しません。

水の中に飛び込むほんの少しの勇気があれば、あっという間に泳げるようになります。同様に、結婚相談所で本物のお見合いを体験し場数を踏めば、想像していたよりも簡単に結婚が手に入ります。

勧誘行為は、一切なし。

親様と仲人だけが懸命になっても、結婚は決して実現しません。当事者であるご本人が本気で結婚を望み、行動に移さねばなりません。結婚を真剣に望まない人を無理に入会させても、紹介されたお相手様への不利益にしかなりません。

誰のためにもならない強引な勧誘を、私たちは一切しません。

セールストークを予想していた方には拍子ぬけかもしれませんが、これがNPO法人結婚大学のポリシーです。